ワキガの治療法と効果

耳垢が湿っている人は、ほとんど間違いなくワキガ体質といえます。

これはワキガのニオイの原因となるアポクリン汗腺が耳の中にあることを示しているため、アポクリン汗腺を多く持つ体質となります。生まれつきアポクリン汗腺の量は決まっていますから、大人になって急に増えるということはなく、遺伝として生まれながらにもっているといえます。体質だからといってあきらめるのではなく、食生活や生活習慣に気をつけていれば、ワキガを発症しない場合もあります。

軽度な場合なら、こまめに汗を拭いたり、シャワーを浴びる、デオドラント剤を使用することで改善させることもできますが、中度以上の場合には、皮膚科や美容整形外科などで適切な治療を行う必要があります。アポクリン汗腺を除去する方法として、剪除法や吸引法、レーザー治療などがあります。中でもアポクリン汗腺を一つずつ取り除いていく剪除法は、もっとも効果があり、皮膚科などのクリニックで治療を行う場合、保険適用となる場合もあります。

ただ、それ以外の方法や美容整形外科などで行う手術はすべて自由診療となり、手術費用は実費となりますから、メリットやデメリット、リスクなどを知った上で、選択するとよいでしょう。また自分でワキガだと思っていても、実際はワキガではない場合もあるので、専門のクリニックを受診し、診断してもらうとよいでしょう。ストレスや極度の緊張によって一時的にニオイを発するような場合もあるので、きちんと診断をしてもらい、適切な処置をとることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *