美白効果が高い塗り薬を使う

美肌の条件として、シミそばかすの無い肌というのは求められています。

美白ケアとして、日々のスキンケアで美白化粧品を使っている方は今とても増えています。代表的な有効成分としては、アルブチン、ハイドロキノン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などを挙げていくことができますが、これらの成分が入っている化粧品は、シミの原因にもなっているメラニン色素を濃くならないように作用してくれる効果が期待できますので、使い続けていくことで数年後の肌に違いが出てくることでしょう。しかし、あくまでも化粧品では予防ということになります。

もしより美白効果を高めたいということでしたら、美容皮膚科などでハイドロキノンの塗り薬を処方してもらいましょう。この塗り薬は、化粧品のものよりも濃度が濃いことが多く、医師の処方で出してもらうことができますが、それだけ効果も強めになっています。塗り薬を塗っていくことで、シミをだんだん薄くして目立たなくなるレベルまできれいにしていくこともできます。

シミの種類によっては、ほかの方法でないと取れないこともありますが使ってみる価値はあるでしょう。さらに、紫外線ケアとしては日焼け止めを使うことも有効です。夏場だけ使っているという方は多いかも知れませんが、冬場にも微量であっても紫外線はありますので、できれば毎日使っていきましょう。最近では下地やファンデーションにSPF表示されているものもありますのでうまく使っていくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *