美白効果がある塗り薬

美白ケアを行っている方はとても多いです。

昔よりも美白ということにとても注目が集まっていますし、シミそばかすがなくて透明感のある肌というのは憧れでもあります。そこで、自分でできる方法としては、美白効果のある基礎化粧品を使うことがあります。有効成分にはアルブチン、ハイドロキノン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などがありますが、これらが含まれているものを使うことで、シミの原因となっているメラニンに働きかけていくことができます。

しかし、医療品部外で出ている化粧品については、ハイドロキノンにしても濃度が低めになっています。誰でも購入して使うことができるということで、予防というところまでで泊ってしまっています。もし、より強い効果を求めるようでしたら、美容皮膚科などでハイドロキノンの塗り薬を処方してもらうと良いでしょう。美白系の塗り薬は置いてあるところとないところがありますし、お値段も様々ですので、口コミ評判なども参考にされてクリニックを選んでみると良いでしょう。

また、美白効果を助けるものとして、レチノイン酸の塗り薬も併用することをおすすめします。黄色いジェルのようなものなのですが、少量でとても大きな効果があります。肌のターンオーバーを助けてくれて、コラーゲンも増やしてくれるという働きがありますので、よりハイドロキノンの漂白効果が高まるということも期待できます。まずは、美容皮膚科などでカウンセリングを受けてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *