わき脱毛の意外な落とし穴

脱毛部位の中でもトップクラスの人気を誇るのがわきです。

夏場になると毎日ムダ毛のお手入れがかかせません。カミソリを使って処理する人が多いですが、カミソリは肌へ大きな刺激となります。長年続けることで肌荒れや黒ずみ、埋れ毛の原因となることも多いのです。それならとサロンで脱毛してもらう女性が増えているのです。そんなわき脱毛ですが、意外な問題があります。それがわき汗です。脱毛でツルツルになったのはいいけれど、わき汗が増えたという話をよく聞くのです。実はこれ、実際に汗が増えたわけではなく、勘違いのようなのです。

というのはかいた汗は、ムダ毛があった時は、そのムダ毛に一旦付着してから蒸発していました。そのためあまり汗をかいたことを実感していなかったのです。それがムダ毛がなくなったことで、一旦汗が付着する部分がなくなってしまいます。すると汗が直接肌に流れ落ちるので、汗の量が増えたように感じてしまうわけです。そうは言っても洋服などに汗じみがつくのは恥ずかしいですし、不潔な印象を与えます。

そこで利用したいのが汗パットです。これで汗が洋服についてしみになりませんし、使い捨てのものを利用すればいつでも清潔を保てます。ただ、稀に本当に汗の量が増えるケースがあります。これは思い込みによるところが多いようです。つまり脱毛したらわき汗が増えるかもと思うがあまり、本当に汗をかいてしまうという症状です。汗というのは精神と大きく関係しているので、この場合は汗のことを考えないようにすることで、いつの間にか汗の量は治まるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *