名古屋の賃貸マンションで水道トラブルが起きた時

マンションなどの賃貸物件での水道トラブルは、自分の部屋だけでなく、下の階の部屋までトラブルが広がる可能性があります。

自分の家族だけが住んでいる戸建てと違い、集合住宅であるマンションでのトラブルは、規模によって被害額も大きくなります。万が一の事態を避けるため、賃貸物件ではより水漏れなどがないか注意してください。

名古屋市の賃貸物件で修理を行う際には、名古屋市上下水道局が指定した工事事業者に依頼する必要があります。指定工事事業者とは、名古屋市の上下水道局が適正な工事ができると認め、登録している事業者のことです。指定を受けていない事業者に依頼した場合、後でトラブルになる場合もあるので必ず確認してください。マンションで水漏れなどが起きた場合は、必ず管理会社に連絡してください。

マンションは専有部分と共用部分に分かれていて、居住者は専有部分の工事しか依頼できません。勝手に工事を行うと、管理規約違反になる恐れがあるので注意してください。水漏れの原因がパッキンやカートリッジの故障の場合、部品の交換で解決できる場合もあります。部品の交換や排水管の掃除など、配管に損傷がなければ素人でも修理できる可能性はあります。

しかし配管自体に亀裂などの損傷があり、新しい管に交換する工事は素人では行えません。一度亀裂が入った水道管は、応急処置で一時的に水漏れを止めることができてもまた水が漏れだします。素人が無理に修理を行うと、さらに状況を悪化させトラブルが大きくなる可能性があります。マンションで水漏れを見つけ場合、指定工事事業者に相談して修理してもらったほうが間違いがありません。
名古屋の水道トラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *