水道のトラブルを名古屋で解決する方法

水漏れなど水回りのトラブルは、日常生活の中で突然起こります。

蛇口のレバーやハンドルからチョロチョロ水が漏れてきたり、勢いよく噴き出したり様々です。名古屋市で水回りのトラブルを修繕する時は、名古屋市上下水道局が指定した工事業者に依頼する必要があります。家を新築する際に必要な上下水道のインフラ工事も、名古屋市の指定工事事業者にしか行えません。給水管の引き込みや水道管の素材、径の大きさを変える工事を行うには自治体の許可が必要です。日常生活に必要な公共のインフラであり、敷地の外の工事ですが自治体は費用を負担しません。

個人の都合による工事とみなされ、工事の依頼者が費用を負担することになります。敷地内で起きた水回りのトラブルの修繕も、指定工事事業者は対応してくれます。蛇口のパッキンやカートリッジの交換、排水口やトイレの詰まりなど比較的簡単な作業も依頼できます。パッキンやカートリッジの交換などは、DIYでも修理することは可能です。

特に2ハンドルの混合栓は構造が簡単で、部品のサイズが合っていれば素人でも自分で交換することができます。シングルレバー混合水栓は、温度の調節がレバー1つで行えるメリットがあります。しかし内部に設置されているバルブカートリッジは構造が複雑で、メーカーによって形も違います。無理に自分で交換しようとせずに、専門の業者に修理を依頼した方が安全です。素人が自分でできる修理には限界があります。新しい水道管に交換するなどの大掛かりな修理は、素人が行うとかえってトラブルが広がる可能性もあります。名古屋市上下水道局の指定を受けた事業者に依頼するのが確実で安全な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *