井戸水のトラブルを避ける名古屋での対応方法

井戸を飲用として使用したいときには、健康被害を避けるため必ず検査を受けなければなりません。

水質検査はトラブルを避けるのに有効で、名古屋市でもいくつか基準が定められています。見た目や匂いで明らかに適さないものは論外ですが、無味無臭であっても雑菌が含まれていた場合には使用できません。細菌の中でも大腸菌はとくに体への影響が出やすいです。より自然な環境の井戸であれば、ピロリ菌にも注意が必要です。日本では、し尿処理が適切に行われているので可能性が少ないですが、自然界にピロリ菌は存在している場合があるため、用心しましょう。専門機関で検査を受ければ、いろいろな菌の有無をしっかりとチェックしてもらえるので、何も心配する必要はありません。

1年に1回51項目程度の検査を受けることが望ましいですが、長雨や台風に地震の後など自然災害が影響して濁りが発生しやすい状態になったときには、その都度調べてもらったほうが安心です。水のトラブルで名古屋市に報告があるのは、井戸を使用している家庭などに対して、浄化させる設備を悪質な方法で訪問販売している会社があることです。

体に悪い菌が含まれているとか、金属成分が確認されているなどといって高額な浄水器を販売するトラブルが名古屋市で確認されていますし、勝手に施工工事をしてしまってから料金を請求するなどいろいろな手口があります。依頼していないのに訪問してきて検査を行ってくれるといような場合、はっきりと断るべきです。無理に施工された場合も、そのまま工事費用を支払ってしまうのではなく、市役所などに相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *