名古屋で水道工事職人として従事するのに有利な資格

我々の生活に欠かせないインフラで、真っ先に思い浮かぶものが水道です。

水は人間だけでなくあらゆる生物が生きていくうえで欠かすことができないものであり、都市開発工事の際は一番最初に上下水工事の着工がなされるほどです。水道工事をおこなうのは専門会社で、数多くの職人が従事します。地中に配管を埋め込み、適切な水流・水量の確保がなされるのかを見極める必要があるため、高い技術と知識を必要とする職業です。中部地方の中心都市・名古屋では、2019年から2025年に掛けて市内一帯に敷設されている水道管の取り替え工事がおこなわれています。名古屋の都市開発がなされたのは1958年からであり、その当時に埋め込んだ配管が劣化していることで水漏れトラブルが相次いだのが要因です。

市内は約30万平方メートルの区域となっており、このすべての配管を入れ替えるために2020年3月時点で計150社の水道専門工事会社が工事を担当しています。これら専門会社で職人として働く際、採用されやすい資格として挙げられるのが土木建築技能士・配管敷設管理士の2つです。

土木建築技能士とは大型重機を操縦するのに必要な資格で、地面に穴を開けるショベルカーを扱うことが可能です。配管敷設管理士とは、不断水工法という水道管の敷設で欠かすことができない工法を熟知している方のことを指します。どちらの資格も熟練技術を有する職人の証であり、名古屋で働く際には即戦力となり得る職人であれば仕事の従事しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *