多汗症治療の方法について

緊張して手に汗をかくというのは誰にでもあること。「手に汗握る」という慣用句もあります。ただ、異常なほどの汗が出る場合は多汗症の疑いがあります。多汗症は手のひらだけでなく、足の裏やわき・頭部など汗腺がある場所ならどこにでも起こりうる症状です。

精神的ストレスが原因とされている病気ですが、多汗症によって更なるストレスが発症することになり悪循環が起こるのです。単なる汗っかきというレベルではなく、精神的な問題が根本にある可能性が強いですし、他の器官の病気から発症していたりホルモンバランスが乱れているかもしれません。自分では原因が分からず対処法が見つからないという場合には医師に相談し多汗症治療を受けるようにしましょう。皮膚科や美容外科・整形外科などに行くとよくそれぞれに治療方法は異なります。

まず最初は皮膚科を受診するのがいいでしょう。糖尿病や更年期障害など何らかの持病を持っているのであれば内科がおすすめです。症状が比較的軽いなら、多汗症治療法としてまずは塗り薬が使われます。汗を止める作用があり、患部に塗るだけでいいのです。

ただ人によっては皮膚の炎症が起こる場合もあります。患部にボツリヌス毒素を入れて神経伝達物質の働きを阻害することで発汗を防ぐボトックス注射、プロパンサインなどの飲み薬もあります。手術で胸部の交感神経を遮断する方法もあります。同じ多汗症治療でもレベルに応じて異なりますし保険適用の有無や費用は違ってきます。

禁煙グッズ 口コミのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です