多汗症治療に取り入れられている主な方法

多汗症治療が必要な状態は、汗っかきよりもひどい状態で生活に支障をきたすほど汗が出てしまう人が受けることになります。顔や手のひら、脇や足の裏などからお尻の部分に酷く汗が出る人もいます。手のひらは目に見えて汗のしずくが溜まったり、滴り落ちるほどのひどい状態であり、脇などもタオルが手放せず制汗剤も頻繁に塗り直しが必要だったり、来ている服がぐっしょりと塗れてしまうため何度も着替えが必要になったり、汗染みが落ちなくなり服の買い替えを何度も行わなければならなくなったりします。多汗症治療に用いられる外用薬は、塩化アルミニウムを有効成分とする薬で汗腺に蓋をする役割があって汗を抑えることに有効性があり、比較的軽度な症状の人に適しています。

交感神経から伝達される信号をブロックするため、ボツリヌス菌を注射する方法もあります。飲み薬もありますが体全体に影響を及ぼしてしまうので、ほかに対策がないときに用いられることが多くなります。手術も同様で、脇汗や手汗が酷いときに神経を切断することで信号をブロックして発汗を抑える方法は、効果が高いですが副作用が懸念され、他の部分での発汗量が増えて困ることがあるため慎重さが大切であり、切除する神経と残す神経を誤ってしまうとより副作用が起こりやすくなります。レーザーにより汗腺の機能を失わせたり、精神療法を行い緊張を取り除いたり交感神経の作用を安定的にさせるような多汗症治療もあるので、専門医で診断を受けて治療方法を選ぶことが必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です