多汗症治療はできるのか?

汗をかいたことが無い人はいないでしょう。一般的な汗とは違い、多汗症といわれる病気があります。多汗症治療も行われています。そもそも汗はなぜかくのでしょうか。

一つは、人間は体温調節を行うために汗をかきます。汗が蒸発する時には、皮膚の表面の熱を一緒に蒸発させる働きがあります。運動をしたりして体の体温が上がった場合にかく汗は、このように上がった体温を下げようとする大切な働きがあるのです。二つ目には人間だれしも辛い物や刺激物を食べた際に、顔面に汗をかいた経験はありますね。

辛い物を食べることにより上がった体温を下げようとして汗をかきます。これは一つ目の作用と似ています。三つめは、極度に緊張したり不安になったり強いストレスの環境において汗をかくことがあります。緊張で手が汗でべとべとになったり、冷や汗が止まらないと言った経験もストレス社会の現代においては珍しくありません。

前述した多汗症は脇の下や手のひら、足の裏などから流れ落ちるように汗が出る症状です。過度に手に汗をかくことで持ったものが濡れてしまい、仕事に支障が出て困っている人もいます。また、汗のにおいを気にして人前に出ることが嫌になる場合もあります。多汗症治療は多汗症で悩んでいる人には必要な治療です。

多汗症治療として手軽な治療として塗り薬があります。汗腺に蓋をすることによって汗をかきにくくするのです。継続的に使用することにより汗をかきにくくします。しかしながら対処法的な治療で根本的な治療ではありません。

多汗症は生活・食習慣の乱れ、や喫煙習慣、ホルモンバランスの乱れなど様々な原因があります。食生活や喫煙習慣の改善、漢方薬などによる体質改善なども治療の方法として挙げられます。その他、交感神経を切断する手術などもありますが副作用の心配もあります。治療を行う際には医療機関にかかり、原因の確認と自分に合った治療方法を医師と相談する事が大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です