手の使いすぎに注意して腱鞘炎を予防しよう

デスクワークなどでは、手を長時間動かして作業することが多いため、腱鞘炎になりやすい場合があります。腱鞘炎になると、痛みが出てしまい、悪化すると生活に支障がでてしまいます。腱鞘炎を予防するためには、手をあまり酷使しないようにすることや、定期的にマッサージなどをして手に溜まった筋肉疲労を和らげることも大切です。毎日、長時間手を使い続けていると徐々に筋肉や腕の筋などにダメージが蓄積してしまいます。

そのため、徐々に手首のあたりからだるくなってしまったり、指や肩などにも影響がでてしまうこともあります。このような状態になってしまうと、日常生活で手を使う時に、痛みがでてしまい不自由な思いをしてしまうこともあります。そのため、手を酷使している場合には、手を休めることも心がけていく必要があります。手の平や手首、腕にかけて軽くマッサージをすることも大切です。

筋肉のこりをとることで痛みの軽減にもつながり、また筋肉疲労もある程度やわらぐことでしょう。マッサージをするならば、お風呂あがりにすると血行の状態もよくなるので、効果が向上する場合があります。また、軽くストレッチをすることでも腱鞘炎対策につながります。ストレッチをすることで、筋をのばし、柔軟性を養うことに適しています。

かたくなった筋を伸ばすことである程度痛みの軽減になるでしょう。腱鞘炎で一番重要なことは、使いすぎないことです。予防や重症化させないためにも、痛みが出ない程度に使うことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です