腱鞘炎ってどんなもの?

手首が痛くなると「腱鞘炎だ」と言われます。パソコンやスマホを使う時間が増えている現代人には、腱鞘炎になってしまう人が増えていると言われています。筋肉が関節を動かすことで指や手首などが動くのですが、その筋肉の力を伝えるものが腱です。その腱が浮き上がってしまうのを抑える腱鞘や腱に炎症が起こって手首や指が痛くなってしまうことを腱鞘炎と言います。

最初はそれほど痛みがなく、パソコンをやり過ぎたかな、程度の鈍さだったのもがだんだん悪化して、ペットボトルの蓋を開けられなくなったり、物を持つだけでも痛みが生じてしまうことがあります。初期の段階ならば外用薬や注射といったもので症状を改善することもできますが、悪化してしまうと手術を行わなければならなくなるため、なるべく初期の段階で病院で治療を受けるようにしましょう。自分でできる腱鞘炎の解消法としては、手首を使わないようにすることです。毎日パソコンやスマホを常時使っているような人は、その時間を減らしたり週に何度か全く触らない日を作るなど、腱を休ませるようにすることで炎症が解消されることがあります。

また、温めて血行を促進することも症状の改善に効果的です。ただし、患部が腫れているように見えたり熱を持っているように感じている場合には、暖めることは逆効果です。湿布や冷却剤で患部を冷やして熱を取ることを最優先に行うようにしましょう。これらの対策を行っても改善しない場合には、病院で適切な治療を受けるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です