腱鞘炎の原因と治し方

指や手首の付け根が痛くなる腱鞘炎。それほど重大な病気というイメージはありませんが、治療をせずにそのまま放置しておくと、日常生活に支障をきたすほどのひどい痛みがでてしまうこともあります。腱鞘炎は、指にある腱や手首の腱鞘と呼ばれる部分に炎症が起きる症状です。腱は腱鞘の中を通っており、これらが頻繁に摩擦を繰り返すと炎症が起きてしまうのです。

腱鞘炎が起きてしまう原因は、基本的に指や手首の使い過ぎです。手首を使うスポーツをする人や楽器を演奏する人、文章を書く人などがこの症状をよく発症します。また最近は仕事でパソコンを使う人や、いつもスマートフォンを操作している人なども腱鞘炎によくなります。腱鞘炎の治療は、まず痛みの起きている部分をなるべく使わないようにすることが基本となります。

サポーターやテーピングを使用し、安静に過ごすことが重要です。医療機関に行く場合は整形外科を受診します。医療機関での治療は湿布を用いたりするほか、痛みがひどい場合はステロイド剤の注射によって炎症や痛みを和らげることになります。さらに重症化が著しい場合は手術が必要になることもありますので、そこまで悪化しないうちに早めに医療機関を受診することが大切です。

なおこの症状は日常生活の動作が原因となっていますので、治療を行うとともに原因となる動作を改善することが必要になります。ストレッチをしたり、適度な休憩を挟むなどして指や手首を酷使しないように心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です