ストレスチェックとは

何かとストレスを受けやすい現代社会、特に、仕事上のストレスで体調を崩す方が増えています。仕事上のストレスの原因はさまざまですが、代表的なものとしては、例えば、社内や取引先の人との人間関係のこじれがあります。また、自分の処理能力を超える業務負担を抱え込んでしまうことによるストレスもよく聞きます。日常的に強いストレスを受け続けていると、次第に体の不調を感じるようになります。

また、うつ病や自律神経失調症などの病気を発症することもあります。このような症状が出ると、次第に会社を休みがちになり、ひどくなると入院や長期療養に追い込まれる場合もあります。そこで、従業員のストレス状態を把握するため、近年、ストレスチェックという制度が導入されました。このストレスチェックは厚生労働省が主導して進めるもので、従業員のストレスの程度を事前に把握し、そのストレスによる心身状態の悪化を未然に防止することを目的として行われます。

また、50人以上の従業員を雇っている中規模程度の事業所に対して、ストレスチェックの実施が義務づけられています。ストレスチェックでは、一人一人の従業員に対して、ストレス状態を把握するための質問表が配布されます。各従業員はこの質問表に記載された質問にそれぞれ回答していきます。回答された質問表は医師などの医療関係者によって回収され、各従業員のストレス状態の診断が行われます。

強いストレスを受けていると診断された人に対しては個別に面談を行うなど、ストレスを軽減するためのサポートが行われます。離煙パイプのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です