ストレスチェックの効率的な実施の方法

ストレスチェックは常時50名以上の従業員を雇用する企業では実施しなければならないと義務付けられたものです。実施のためには様々な準備が必要になりますし、実施後に希望者に面談を行うためには産業医との連携も必要になるのが一般的です。そのため、これまでに積極的に行動してこなかった企業にとっては大きな負担になることも少なくありません。大企業であれば専門の産業保健スタッフを内部に雇用しており、その専門家に業務を任せることで対応できる場合もありますが、大半の中小企業にはそのような専門家はいませんので対応に苦慮することが少なくありません。

その様な場合においては無理をして内部で処理をしようとするのではなく、ストレスチェックの対応そのものを外部に委託するという方法を検討するのが良いでしょう。そうすることで大きな負担を軽減することが可能になります。ストレスチェックの外部委託を検討する場合、インターネット等で検索をすると専門の業者が多く見つかりますが、もしも必要最低限の対応から始めたいと考えているのであれば健康診断との同時実施を検討してみるのもおすすめです。健康診断を実施している医療機関の多くは、会社のニーズに合わせてサービスを展開していますのでストレスチェックへの対応が可能場場合が少なくありません。

しっかりと行いたい場合は勿論、必要最低限に行いたい場合にもニーズに合わせた丁寧に対応をしてくれますのでお勧めできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です