ストレスチェックの実施方法のいろいろ

ストレスチェックが義務化されてから様々な企業がそれぞれの方法で実施するようになってきていますが、最も多く利用されているのは紙に印刷した質問紙を利用して行う方法です。この方法は多少の手間がかかりますが最も低コストで行うことができるため外部委託する場合にも広く利用されている仕組みであるといえます。社内にITインフラが整っていない場合などにおいては無理にパソコンを使って対応するよりも、紙で対応したほうが効率的である場合も少なくないため意識しておきたい選択肢の1つです。しかしながらITインフラがしっかりしている企業などの場合には、ストレスチェックを行うためにわざわざ上野問診票を使うことなく全てをオンライン上で行うと言う方法を選択している場合があります。

オンラインで行うメリットはインフラ整備さえ行ってしまえば低コストで行うことができると言う点にあります。このような仕組みは外部の業者を使って構築する場合もあれば、既に存在しているインフラに載せる方法で導入することもできます。ストレスチェックを実施するにあたってどのような方法を選択するのが良いのかについては企業によって異なるといえます。何かしらのメリットを強く感じる方の選択をするのが一般的であると言えるでしょう。

すべてのケースにおいてオンラインで行うことがお勧めできるわけではありませんが、環境が整っているのであれば非常にメリットの大きな方法となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です