乾燥を防ぐことがにきび予防に繋がる

思春期の頃に出来るにきびは皮脂が多いことが原因でした。

NAVERまとめの情報が沢山詰まったサイトです。

しかし大人の女性ににきびが出来てしまう原因の一つに、乾燥があります。

人間の肌は水分が蒸発してしまうのを防ぐために皮脂を分泌しています。
しかし肌の乾燥が進んでしまうとこれ以上の水分の蒸発を防ぐために皮脂の分泌が必要以上に多くなってしまい、それが原因でにきびが出来てしまうのです。

「予防のためには皮脂をしっかり洗い流さなければいけない」という思春期の頃の知識でケアを行っていると、なくなってしまった皮脂を補うためにさらに皮脂が過剰分泌されてしまうので、予防のつもりで行っていたケアで症状を悪化させてしまっているケースも少なくないのです。

思春期を過ぎた大人の女性のにきび予防には、まずはしっかりと肌に水分を与え、その水分が逃げてしまわないように蓋をすることにあります。だからと言って洗顔を適当にしていいというわけでもありません。



洗顔の際には毛穴の汚れや古い角質、昼間の生活で出てきた皮脂を綺麗に洗い流す必要があります。
この時の注意点としては、洗浄力のマイルドな洗顔料を使ったり、洗顔料を使って洗顔をする回数を1日1回にするなど自分の肌の状態に合わせて、必要以上の水分や皮脂を取り過ぎてしまわないような洗顔を行うことです。
その後、しっかりと水分を肌に与え、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

毎日のスキンケアで乾燥に気をつけるだけで、大人のにきびは予防することも可能なのです。