にきびの予防方法について

思春期分泌される成長ホルモンの影響により皮脂の分泌が盛んになることから、にきびが発症しやすくなります。大人にきびはストレスや睡眠不足や不規則な生活による男性ホルモンの増加により、皮脂の分泌が盛んになることから始まります。にきびを防ぐには過剰な皮脂をとりさり、毛穴を詰まらせないことが大切です。

その予防には、メイクをしている場合は、1日の終わりに、しっかりクレンジングをすることが大切ですが、メイクをよく落としたからとオイルクレンジングをしますが、過剰に皮脂が分泌されているところに、さらにオイルをつけることは、にきびをできやすくし、さらに悪化させることになります。



にきびの予防に大切な事は洗顔をしすぎない事です。
皮脂の分泌が盛んになっているので、そこをしっかりと洗うわけですが、1日に何度も洗顔したり、強い洗浄力のあるものを使うと、肌に必要なうるおい成分を必要以上に取ってしまうので、肌が乾燥し、角質の柔軟性が失われ、毛穴が余計に詰まってしまうのです。

これの予防に普段から大切な事は、普段から毛穴を詰まらせないようにするために、ピーリングをするのも一つの方法です。



ピーリングとは、酸性の薬剤を使って、余分の角質を溶かしてはがす方法です。
余分な角質をとると毛穴が詰まりにくくなり、ターンオーバーが高まり、肌の新陳代謝が高まります。

ホームピーリングはアルファヒドロキシ酸を含むローションやせっけんを使うといいのですが、肌が赤くなったり、ひりひりする時はすぐにやめましょう。

洗顔、ピーリングの後は保湿が大切です。
十分な保湿をすることで、肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

共同通信社に関するお役立ちコンテンツ満載です。

さらにビタミンC誘導体を含む化粧水は、皮脂の分泌を防いでくれますので、効果的です。