にきびの原因と予防する方法

にきびの原因は、皮脂が過剰に分泌されることと、毛穴が古い角質や皮脂で詰まってしまうことです。


このような状態になった毛穴の中では、アクネ菌が詰まった皮脂を養分にして増殖し、炎症のもととなる物質をつくり出します。


にきびを予防するには、毛穴が詰まってしまわないように、1日2回程度、刺激の弱い洗顔料で症状が出ている部分を優しく洗うのが基本的な方法です。



抗菌作用のある洗顔料や、スクラブ入りの洗顔料は、肌を過剰に刺激し、かえって症状を悪化させてしまう可能性がありますので注意しましょう。



にきび予防に特化した洗顔料が市販されているいますので、そのような商品を使用するのが賢明です。
洗顔した後には、化粧水などで十分に保湿するようにします。


せっけんで洗った肌は皮脂が通常の状態よりも少ない状態となっており、そのままにしておくとかえって皮脂の分泌を促進してしまいます。湿度が低く乾燥しやすい冬の間は特に、保湿を忘れないように注意してください。また、皮脂の過剰な分泌を防ぎ、にきびを予防するためには、夜更かしをしない、ドカ食いをしない、といった正しい生活習慣が大切です。
不規則な生活をしていると、ホルモンのバランスが崩れ、皮脂を過剰に分泌させる原因となってしまうためです。


また、焼肉や揚げ物など、油脂が多い食事をした場合にも、皮脂が普段よりも多く分泌される原因となりますので、そのような食事をしたあとの数日間は特ににきび予防に気をかけたほうが良いでしょう。

マイナビニュースの情報サイトが便利です。